logo

みずほ銀行やメタップスなど4社、新たなFinTechサービスの提供に向け提携

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2016年10月13日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほフィナンシャルグループ(みずほ FG)、みずほ銀行、メタップス、WiLの4社は10月13日、FinTechを活用した新たな決済サービスの提供を目的に業務提携することを発表した。

 みずほの顧客基盤や金融サービスの知見と、メタップスのデータ解析技術やオンライン決済の知見を組み合わせ、先端サービスの情報ネットワークと事業プロデュース機能をもつWiLの支援のもと、FinTechを活用した新たな決済サービスを創出するために協業にするという。

 具体的には、(1)スマートフォンを前提としたシームレスな決済サービスの提供、(2)決済データの解析による資産運用アドバイスやビジネス拡大の支援、(3)ブロックチェーンなどを活用した現金でもクレジットカードでもない新たな決済手段の創出、(4)アジア市場への展開などによって、FinTechの新たな可能性を探るとしている。

-PR-企画特集