logo

サムスン、全世界で「Galaxy Note7」の販売と交換の停止を要請

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年10月11日 10時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは現地時間10月10日、「Galaxy Note7」の発熱問題の調査が終わるまで、全世界で同スマートフォンの販売と交換を停止するよう要請した。

 同社は声明の中で、「サムスンは世界のすべてのパートナーに対し、さらなる調査を実施する間、Galaxy Note7の販売と交換を停止するよう求める」とした。

 同スマートフォンが発火または爆発したとの報告を調査している米消費者製品安全委員会(CPSC)も、Note7の所有者に対して、端末の電源を切って使用をやめるよう勧告した。

 CPSCのElliot F. Kaye委員長は声明の中で、「スマートフォンが自分自身や家族、財産を危険にさらす可能性について心配しなければならないことなど、あってはならない。Galaxy Note7をめぐっては、安全性に対する懸念が今でも存在する。それを考えると、サムスンがすべてのGalaxy Note7の販売と交換を停止したのは、適切な処置だ」と述べた。


提供:Sarah Tew/CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集