logo

マイクロソフト、ハードウェア発表イベントを米国時間10月26日に開催へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年10月11日 06時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは秋のハードウェア発表イベントを、米国時間10月26日にニューヨーク市で開催する。

 同社は7日、ハードウェア発表イベントの招待状を一部の報道機関やアナリストなどの招待客宛てに発送した。このイベントは、米国東部時間10月26日午前10時からライブ配信も予定されている。

 2016年の同イベントのテーマは、「Windowsをめぐる次なる章」に関する最新情報だ。これは、「Windows 10」の大型アップデート「Redstone 2」に関する最新情報になるのではないかと筆者は推測している。情報筋らによると、OEM機器、Microsoftの「Surface」製品情報、ゲーム関連の最新情報もイベントで発表される予定だという。

 筆者を含む多数のMicrosoftウォッチャーが、(Surfaceキーボードとマウスをおそらく装備する)オールインワン型のSurface製品が同イベントで発表されると予想している。Microsoftは、一連のOEMパートナー製の「Windows 10」搭載デバイスを発表する予定だとも筆者は聞いている。

 新しい「Microsoft Band」やMicrosoftブランドのスマートフォンも10月26日に発表されるだろうか。いや、どちらも期待できない。

 Microsoft関係者らは最近、2016年に新しいBandのリリースはないことを認めている。また、筆者の情報筋らはこれまでと同様に、2016年にMicrosoftから何らかの新しいスマートフォンが発売されることはないと述べている。「Surface Phone」といった製品が実現されるとしても、それは2017年終盤か、おそらくは2018年まではないと筆者の情報筋らは最近述べていた。


提供:Microsoft

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集