パナソニック、曲げられる「フレキシブルリチウムイオン電池」を開発

加納恵 (編集部)2016年09月29日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は9月29日、くり返しの曲げ、ねじりに耐える「フレキシブルリチウムイオン電池」を開発したと発表した。曲げ半径R25mm、ねじり角25度でくり返し曲げたりねじったりしても性能を維持できる。

 新規に開発したラミネート外装体、内部構造などにより、カード向け規格以上の過酷な曲げ、ねじり試験後も、優れた電池性能を維持できることを実証。ねじり試験実施後も初期容量比99%以上の容量維持率を実現するという。

 今後は、カード型デバイス、身体貼付型デバイス、スマートウェア、腕時計型ウェアラブル端末などへの用途が考えられるとのこと。10月下旬にサンプル出荷を開始、量産化、薄型化に向けて開発を進めていくとしている。

「フレキシブルリチウムイオン電池」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加