logo

Rakuten Kobo、台湾向けに電子書籍ストアを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天の子会社であるRakuten Koboは9月29日、台湾向けに電子書籍ストア(現地語表記は樂天Kobo電子書商店)を開設したと発表した。


「樂天Kobo電子書商店」

 また台湾において、大手出版社である城邦出版集團や遠流出版公司、讀書共和國、圓神出版集團、時報出版などと提携。これにより、中国語(繁体字)の作品や外国語作品の翻訳を含む数千のコンテンツが、台湾内外で読めるようになるという。

 Rakuten Koboが運営する台湾向けの電子書籍ストアは、現地の専任チームにより管理され、台湾の人気作家による小説やビジネス書、雑誌、旅行ガイドなど、中国語で人気の数千タイトルをラインアップ。また、Rakuten Koboは、電子書籍リーダーアプリ(iOS/Android)の中国語版も開発し、同日より提供を開始している。

 Rakuten Koboは、台湾向けの電子書籍サービス提供に先立ち、トルコとメキシコでもそれぞれサービスを開始しており、現在では世界約20カ国・地域で、各地に特化した現地語作品や翻訳作品を含むコンテンツを提供している。なお、各国・地域のオンライン書店などとの提携により、世界約190カ国で利用可能となっている。

-PR-企画特集