ロボットが訪日客と質問・応答し東京駅を案内--JR東日本と日立が実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月26日、日立製作所が開発した対話型ヒューマノイドロボットを活用し、訪日外国人を対象とした質問応答の実証実験を共同で実施すると発表した。実験期間は10月3~28日。

 実験では、東京駅丸の内北口の「JR EAST Travel Service Center」内にロボットとディスプレイを設置。ロボットは訪日外国人などと対話し、日本語、英語、中国語で質問応答する。回答は、ロボットからの音声案内に加えて、併設したディスプレイ上に画像や動画で表示する。

 ロボットは、公共スペースや商業施設での接客・案内を目的に、日立製作所が開発した「EMIEW3」を使用。「東京駅を発着する列車の案内」「外貨両替所、コインロッカー、トイレなどの東京駅構内・周辺施設」「東京スカイツリー、浅草、皇居などの東京駅周辺の観光名所」を案内する。

「EMIEW3」
「EMIEW3」

 東日本旅客鉄道では、IoTやAI技術を活用したサービスの研究に取り組んでいる。今回の実証実験により、駅空間におけるロボットの接客サービスの技術的な課題を明確化させ、今後の研究開発に役立てるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加