グーグル、「Daydream」用アプリ開発キット「Google VR SDK 1.0」をリリース

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年09月23日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月22日、「Google VR SDK」のベータ段階を終了し、「Google VR SDK 1.0」を公開した。Googleの仮想現実(VR)プラットフォーム「Daydream」を「Unity」にネイティブで統合したほか、さまざまな改良を加えている。

 Daydreamに対応するヘッドセットとスマートフォンは2016年秋に提供される予定で、さらに詳しい情報は「間もなく公開する」と、Googleはブログで述べた。開発者はそれまでの間、SDK 1.0とDIY開発者用キットを使ってDaydreamアプリの開発に着手できる。Googleはまた、「Daydream Access Program」の登録申請も受け付けている。このプログラムは、Daydreamコンテンツに関してGoogleのエンジニアらと協業する機会を開発者に提供するものだ。

 アップデートされたSDKは、統合された非同期リプロジェクション、ハイファイ空間音声、Daydreamコントローラを使用したインタラクションをサポートする。UnityにDaydreamがネイティブ統合されたことで、開発者はVRレンダリングにおけるUnityの最適化機能を活用できる。また、新たにヘッドトラッキング、ディープリンキング、簡単な「Android」向けマニフェスト設定などの機能にも対応した。

 Googleはさらに、「Unreal Engine 4」(UE4)のネイティブ統合にも改良を加え、エディタ、ネックモデル、新しいレンダリング最適化でDaydreamコントローラのサポートを導入している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加