logo

マイクロソフト、「Minecraft Education Edition」を11月1日に提供開始へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年09月23日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、米国時間11月1日より「Minecraft Education Edition」の提供を開始する。

 生徒1人あたり年額5ドルとなっているが、学区でのライセンス購入も可能だ。MicrosoftはMinecraft Education Editionの早期導入版を6月にリリースした。「Windows」または「Mac」に対応しているが、ユーザーは無料の「Office 365 Education」アカウントに登録する必要がある。

 Minecraftを開発するMicrosoftのMojangチームのメンバーMarsh Davies氏は、「11月に公開するバージョンでは、さらに良いものを提供する予定だ」とブログで述べている。同氏によると、ピストンやレッドストーン回路など最新のMinecraft Windows 10エディションの機能や、教師が生徒たちを監督するための教室モードのコンパニオンアプリが含まれるという。Mojangは9月24日より、Minecraftのカンファレンス「MINECON」を開催する。


提供:Microsoft/Mojang

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集