logo

セガ、台湾における家庭用ゲームソフトの直販を開始--他社タイトルの販売も

佐藤和也 (編集部)2016年08月23日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガゲームスは8月23日、台北に拠点を置くグループ会社のSega Amusements Taiwanと連携し、日本のソフトウェアメーカーとしては初めて台湾における家庭用ゲームソフトの直販を開始すると発表した。

  • 「初音ミク -Project DIVA- X HD」(繁体中文版)

    (C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

 これまでも台湾向けには、他社流通を通し「龍が如く」シリーズなどの家庭用ゲームソフトの繁体中文版を販売していた。今後は同社が直販を行うことで、日本国内のゲームソフト販売事業において培ったノウハウを最大限に活かしつつ、台湾のゲーム市場やファンのニーズに合致した販促活動を展開し、台湾市場でのさらなる販売数の拡大を目指すという。

 第1弾として、PS4用ソフト「初音ミク -Project DIVA- X HD」(繁体中文版)を8月25日に発売。以降自社開発タイトルのほか、他社開発のタイトルに関しても販売を行う予定としている。

-PR-企画特集