logo

ライブ動画「LINE LIVE」、近日中に配信機能を一般開放へ--“顔スタンプ”も提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月2日、同社が運営するライブ動画配信プラットフォーム「LINE LIVE」において、近日中に一般ユーザーへライブ配信機能を開放すると発表した。また、コミュニケーションの新機能も追加するという。

「LINE LIVE」
「LINE LIVE」

 LINE LIVEは、2015年12月10日にサービスを開始したライブ動画配信プラットフォーム。6月末時点で、延べ視聴者数が累計3億5000万人を突破している。同社によると、視聴者が配信者(出演者)へ向けてコメントやハートを送り、配信者がそれに応えるなど、視聴者と配信者さらには視聴者同士のコミュニケーションが生まれているという。

 近日実施予定のアップデートでは、一般ユーザーにもライブ配信機能が開放され、LINE IDがあれば、誰でもアプリでライブ配信できるようになる。また新機能として、視聴者から配信者に送れる有料コンテンツ「ギフトアイテム」を搭載。これまで視聴者が好意を示す際に送っていた「ハート」に比べて、より強化された演出で、配信画面を華やかに彩れるという。

 さらに、視聴者と配信者とのコミュニケーションを促進する機能として、顔にアニメ―ションの加工を施す約50種類の「LIVEスタンプ」を提供。スタンプの種類は、今後も増えていく予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]