logo

「macOS Sierra」の新機能は実際どうなのか--パブリックベータ版でチェック - (page 2)

Cliff Joseph (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年08月01日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Siriの音声認識の精度は良好だが、(少なくともこのベータ版では)まだ荒削りな点もある。実際に、この「beta」(ベータ)という言葉をいつも聞き取れず、電子メールに何度も「Peter」(ピーター)や「beater」(ビーター)と入力した。米ZDNetのテストでは他にも重大な聞き取りミスがいくつかあったが、正式版リリースまでの数カ月間で修正可能な類の問題だろう。

 ファイル検索機能はやや限定的である。Siriは、「この1週間に作成されたファイル」や「Peterからの電子メール」など、ファイルのグループを見つけるのは得意だが、名前で個々のファイルやフォルダを開くことはできないようだ。

figure_3
Siriを使ってウェブページを開いてみた。
提供:Cliff Joseph/ZDNet

 Siriが情報を提示する方法にも、いくつか矛盾点がある。個々のウェブページ(「ZDNet.com」など)を「Safari」ブラウザで開く分には、何の問題もない。だが、「Search for Apple news」(Apple関連のニュースを検索して)と頼むと、Safariではなく、デスクトップ上のSiriパネルにウェブ検索結果が表示されるため、検索結果を素早く閲覧していくのが難しい。

 また、Siriは今のところマウスかキーボードを使って有効にする必要がある。iPhoneでは常時オンの「Hey Siri」オプションを利用できるが、Macにはそれに相当する機能がないようだ。もちろん、これらの問題のいくつかは正式版リリースまでに修正される可能性が十分にあるし、現在のベータ段階でも、筆者は「Windows 10」の「Cortana」よりも、MacのSiriに話しかけたい気持ちの方が強い。

ユニバーサルクリップボード

 WWDCでのSierraのプレゼンテーション中に大喝采を浴びた機能がもう1つある。新しい「ユニバーサルクリップボード」だ。その名が示すように、Sierraを搭載するMacと、「iOS 10」(同じくパブリックベータ版が公開中)を搭載する「iOS」端末の間で、テキストやグラフィックスをコピー&ペーストすることができる。

 筆者は長年にわたり、この機能の実現を目指していたサードパーティーアプリにかなりの金額を使ってきたので、Sierraでこの機能を試すのを心待ちにしていた。残念ながら、筆者のオフィスにある「iMac」とiOS 10搭載「iPad Pro」でテストしたところ、ユニバーサルクリップボードは全く動作しなかった。今後数カ月の間に修正されるかどうか、成り行きを見守るしかない。

デスクトップと書類を「iCloud」で同期

 これもmacOSとiOSの連携を強化する機能だ。AppleのiCloudサービスで、デスクトップと書類フォルダの中身を無料のiCloudストレージ内に保存できるようになる。Sierraを搭載する複数のMacで同じデスクトップフォルダを共有できるため、自分のすべてのMacでデスクトップが同じように表示され、iOS端末から「iCloud Drive」アプリを使ってMacのデスクトップのファイルにアクセスすることもできる。

figure_4
デスクトップと書類フォルダの中身をiCloudに保存できるようになる。
提供:Cliff Joseph/ZDNet

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]