パナソニック、「お部屋ジャンプリンク」対応の「VIERA D325/D305」シリーズ6機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パニソニックは、液晶テレビ「VIERA」に、別室の「DIGA」などに録画した番組を視聴できる「お部屋ジャンプリンク」機能を搭載した「D325/D305」の2シリーズ6機種を発表した。8月26日に発売する。


「D325」シリーズ

「D305」シリーズ
【D325シリーズ】
  • TH-32D325(32V型):6万5000円前後
  • TH-24D325(24V型):5万5000円前後
【D305シリーズ】
  • TH-49D305(49V型):13万円前後
  • TH-43D305(43V型):9万5000円前後
  • TH-32D305(32V型):5万5000円前後
  • TH-24D305(24V型):4万5000円前後

 D325/D305とも、24V型を除き、視野角の広いIPS液晶パネルと、省エネ効果期待できるLEDバックライトを採用。「お部屋ジャンプリンク」に対応し、LANを介して、録画番組を別室のD325/D305で視聴することが可能。アンテナのない部屋でも、「放送転送機能」対応の「DIGA」やVIERAの追っかけ再生を受信して、テレビ放送番組をほぼリアルタイムで楽しむこともできる。

 別売のUSB HDDを接続すれば、テレビ番組の録画が可能。USB HDDは、8台まで増設できる。さらに、USB HDDの録画番組を、LAN経由で接続しているDIGAにダビングできるので、BDやDVDへの保存も可能だ。

 D325はダブルチューナを搭載し、番組を視聴しながら、USB HDDに裏番組の録画が可能。無線LANも内蔵し、対応DIGAやVIERAとブロードバンドルーターなどを介して無線LAN接続することで、配線作業をすることなく、お部屋ジャンプリンクなどの利用が可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加