アップル、リアリティ番組「Planet of the Apps」に出演する開発者を募集

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年07月14日 07時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとWill.i.amさんが、新しいリアリティ番組「Planet of the Apps」に出演する開発者を募集している。

 番組では、実際のアプリ制作者が、支援者の候補や技術の専門家とミーティングを重ね、次のヒットアプリを開発するまでの道のりを追う。出演者の募集要項によると、第1シーズンはロサンゼルスで2016年末から2017年初めにかけて撮影される予定だという。Appleはオリジナル番組の制作を3月に発表していた。

 出演希望者は、1分間の動画を作成してplanetoftheapps.comで応募する。締め切りは8月26日。応募資格は、18歳以上で「iOS」「MacOS」「TVOS」「WatchOS」のいずれかのアプリを開発中であることだ。

 同番組は、大物ミュージシャンでハイテクをこよなく愛するWill.i.amさんが、プロデューサーであるBen Silverman氏およびHoward Owens氏とともに制作する。両氏は「American Gladiator」や「The Biggest Loser」などの番組制作に携わった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加