logo

「iOS 10」パブリックベータ版を試す--アップル次期モバイルOSの第一印象

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年07月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間7月7日、同社モバイルソフトウェア「iOS」の最新バージョンのパブリックベータ版を公開した。「iOS 10」のベータ版は入手する価値のあるものなのだろうか。筆者は長い週末休暇を利用して、Appleから提供された「iPhone 6s」にプリインストールされたバージョンを試している。これまでと同様、普段使っているスマートフォンにベータ版のOSをインストールするのは、少々リスクを伴う行為だ。興味のある人は、AppleのFAQに目を通して、登録してもいいが、筆者はサブの端末でiOS 10をテストすることをお勧めする。

 iOS 10には、確かに試してみる価値のある機能がいくつかある。とはいえ、初めての使用でも、2回目でも、3回目でも、概ね従来通りのOSという印象を受ける。iOS 10はごくわずかなアップデートの集合体であるように感じる。「iOS 9」向けの「サービスパック」と言ってもいい。いくつかの機能(例えば、サードパーティーのアプリと連携する、より高度な「Siri」)は現段階ではテストすることさえできない。なぜなら、その機能を組み入れたアプリがまだ存在しないからだ。そのため、筆者はiOS 10に関して、少し肩透かしを食わされた思いだ。しかし、無料のアップデートであることを考えると、iOS 10の提供する機能はとても豊富である。

 iOS 10のパブリックベータ版をダウンロードすることに決めた人のために、試してみるべき機能を以下で紹介する。

 「Raise to Wake」(本体を持ち上げてスリープ解除):確かに「Android」スマートフォンには何年も前から搭載されている機能だが、それがiPhoneでも利用できるようになるのは本当に歓迎すべきことだ。筆者がiPhone 6sを持ち上げると、受信したメッセージが表示される。ボタンを押す必要はない。「Touch ID」を押しているわけではないので、画面上の通知を一瞬で見逃してしまうこともない。少し長くその画面に留まる。ただし、iOS 10では、ロック画面から先に進むのに「Home」ボタンを押す必要がある。そのせいで、余分な手順が1つ増えたように感じることもある(あるいは、筆者が真の怠け者になってしまったのかもしれない)。

 優しいアラーム音:iOS 10で、新しい就寝時間および起床リマインダが「Clock」アプリに追加されていることをご存じだろうか。これは素晴らしい機能だ。Fitbitが先頃追加した機能と同様、Clockアプリもユーザーが守るべき就寝時間を推奨する。朝になると、この機能は穏やかな目覚めの音楽でユーザーを起こしてくれる。新たに「Early Riser」と「First Light」「Helios」「Birdsong」のアラーム音が追加された。筆者が朝アラーム音を試したところ、Appleの標準のアラームセットよりはるかに安らぎを与える曲だった。筆者はその音楽が鳴り始めてからも数分間眠り続けたが、それでも時間通りに起きることができた。

就寝時間のリマインダがiOSのClockアプリに搭載される
就寝時間のリマインダがiOSのClockアプリに搭載される。
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集