logo

MS、趣味のコレクション画像を保管共有できる「Thinga.Me」発表

Jacob Krol (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年07月07日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世間では、コインや切手、映画「スター・ウォーズ」のフィギュアなど、たくさんのアイテムが収集されている。Microsoftは、貨幣や切手の収集家のために、彼らの情熱を記録に残し、世界中の人々と分かち合えるようにする新しいアプリ「Thinga.Me」を発表した。

 トロフィーケースの写真を撮影して投稿するようなことは「Facebook」「Twitter」「Pinterest」では既に可能だ。一方、Thinga.Meは、オブジェクトの写真を撮影すると、背景部分を自動的に切り取ってくれる。次に、ユーザーはこのデジタル化したアイテムを1つのコレクションにまとめることができる。コレクションはさまざまなテーマ別にカスタマイズすることが可能だ。デジタル版スクラップブックのようなものと考えればいいだろう。

 なかなかの優れものだと感じる人もいるだろうが、残念ながらThinga.Meは、まだダウンロードすることができない。この「iPhone」向けアプリは、「Microsoft Garage」プロジェクト(同社の社内新興インキュベーターのような組織)から誕生したもので、現在は非公開のトライアル版だ。とはいえ、一般のユーザーも登録することで、場合によっては招待を受けることが可能だ。

 今のところ、一般公開の日程は明らかにされていない。

Thinga.Me
提供:Screenshot by Jacob Krol/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集