logo

スマホ写真を約10秒で印刷--富士フイルム、スマホ de チェキ「instax SHARE SP-2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは6月27日、スマートフォンで撮影した画像をカードサイズのチェキフィルムに出力できるプリンタ、“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」を7月15日より発売すると発表した。市場想定価格は2万2500円前後(税込)。

「instax SHARE SP-2」
「instax SHARE SP-2」

 スマートフォンで写真を撮影する機会が増えている今、撮影した画像をInstagramなどのSNSを通じて友人と共有したり、画像加工アプリを使用したりして、好みの色や雰囲気に調整するなど、撮った後の楽しみ方が多様化している。

 同社では、そうしたお気に入りの写真をプリントしたいというニーズに応え、専用アプリを使ってスマートフォンから送信された画像を、その場で簡単・スピーディーにチェキフィルムに出力できるプリンタ、“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-1」を2014年2月に発売した。

 今回発売するinstax SHARE SP-2では、スマートフォンで写真を楽しむユーザーの嗜好やライフスタイルに合わせた機能を新たに加え、デザインを一新。さらに、有機EL露光ヘッドの採用により、解像度とコントラストをさらに高め、プリント画質が大幅に向上。従来機と比べ、画素数/解像度ともに640×480ドット、254dpiから800×600ドット、320dpiと強化されている。

 また、従来機では露光が完了してからチェキフィルムの送り出しを行っていたが、露光と送り出しを同時に行うことにより、出力時間の短縮に成功。専用アプリを使ってスマートフォンの画像を無線LANでinstax SHARE SP-2に送信すると、画像データの受信完了から約10秒でフィルムが送り出せるようになった。

 専用アプリには、従来から搭載しているInstagram、Facebookと連動してプリントが楽しめる「SNSテンプレート」や、撮影した時間や場所、天気の情報を印字できる「リアルタイムテンプレート」に加え、スマートフォンで画像を加工して楽しむユーザーの嗜好に合わせた、新フィルター機能やテンプレートを追加。

 画像の明るさ、コントラスト、彩度を自由に調整できる「カスタムフィルター」、2~4枚の画像を組み合わせて1枚のチェキプリントにできる「分割写真テンプレート」、1枚の画像を2枚のチェキフィルムに分割して出力することで、チェキフィルム2枚分の大サイズプリントのように飾って楽しめる「組み写真テンプレート」などを新たに搭載した。

主な特長
主な特長

 本体は、シルバーとゴールドの2色のカラーバリエーションをラインアップしている。使用フィルムは、富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini。フィルムサイズは、86mm×54mm。画面サイズは、62mm×46mm。プリント可能画像フォーマットは、JPEG、PNG。電源は、充電式バッテリ「NP-45S」。プリント可能枚数(充電1回当たり)は、約100枚(公称値)。サイズは、89.5mm×131.8mm×40mm。重量は、250g(バッテリ、フィルム別)。

-PR-企画特集