パナソニック、新規事業をスタートアップと創出へ--家電、仕事、先端技術の3テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月27日、オープンイノベーションプラットフォーム「creww(クルー)」を展開するCrewwと共同で、パナソニックの新規事業創出を目指す、企業アクセラレータープログラム「Panasonic Accelerator 2016」を開始した。同日より、参加を希望するスタートアップ企業の募集を開始している。エントリー期間は、6月27日~7月8日。

「Panasonic Accelerator 2016」
「Panasonic Accelerator 2016」

 Panasonic Accelerator 2016は、パナソニックとスタートアップ企業が、両者のリソースを掛け合わせて事業創出を目指すプログラム。枠組みを提供するCrewwとは、パナソニックとスタートアップ企業のマッチングから新規事業提案までの過程を共同で進めるという。エントリーには「crewwアカウント」(登録無料)が必要になる。

 テーマは大きく、「家電・くらし」(パナソニック家電とそれに紐づくウェブサービス)、「仕事」(世界25万人の社員、オフィス、工場)、「先端技術」(生体電位センサ、音声言語解析技術、画像診断支援技術、開発力)の3つ。パナソニックが持つ経営資源と、スタートアップ企業のサービスや技術力・アイデアを掛け合わせ、革新的な事業やマーケットの創造に挑戦するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加