watchOS 3でどう変わる--“通知以上の役割”にやっと踏み込むApple Watch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleはWWDC 2016で、第3世代目となるApple Watch向けOS、watchOS 3をリリースした。秋に正式版がリリースされるこのOSによって、Apple Watchの活用シーンはさらに広がるのではないかと考えている。

watchOS 3をリリース
watchOS 3をリリース

使う気になれなかったwatch app

 Apple Watchのキラーアプリは何か?と問われると、筆者は「通知」と「フィットネス計測」と答えている。その理由は、いずれもアプリを起動しないで使えるからだ。

 通知は、iPhoneのWatchアプリで設定することによって、iPhoneに届く通知のすべて、もしくは一部を手首で確認できるようになる。それだけでも、かなり便利に利用できる。

 着信を逃すことはなくなるし、全てのメッセージに答えずとも把握しておけるようになるからだ。天気予報や臨時ニュースなども、Apple Watchの通知の中で確認できればその役割を十分果たしてくれる。

 またフィットネス計測についても、Apple Watchを装着して生活するだけでデータが蓄積される。

 何が言いたいかというと、これまでのwatchOSのアプリは、起動が遅すぎて実用性がなかった、もしくは使う気になれなかったということだ。

 ただし、速くできなかった理由も理解できる。充電不要の自動巻時計ではないApple Watchは、1日電池が持たないとなれば、すぐに使いものにならないという評価が確定してしまう。それは、アプリによってバッテリがもたなくなってしまっても、同様の評価になる。

 アプリの起動速度よりバッテリライフの方が重要であったし、1年間かけて、Apple Watchは1日過ごすには十分なバッテリライフがある、ということをアピールできたのではないだろうか。

7倍高速化されたアプリ起動と「Dock」

 しかし、ずっと電池を気にしていては、スマートウォッチの発展もない。そこで、AppleはwatchOS 3で、「よりアプリを活用してもらおう」というギアチェンジを行った。

 watchOS 3の最も大きな売りは、7倍の速度でアプリが起動することだ。しかも、直近起動した10のアプリについては、アプリ切り替えのようにすぐに呼び出せるできる仕組みを備えた。

 そのためのインターフェースの変更も行われた。これまで、画面下端を上にスワイプス流と現れていたグランスは廃止され、その代わりにサイドボタンを押すことでDockを表示できるようになった。

 Dockには、アプリのスクリーンショットが表示され、左右のスワイプとタップでアプリを選べる。もちろん、そのアプリには起動時間はなく、瞬時に画面に表示される仕組みだ。

 Dock内のスクリーンショットは動的に更新されており、グランスの役割を引き継いでくれる仕組みだ。コンプリケーションズの情報更新の間隔も短くなり、そこからの起動もDockと同じように瞬時だった。

サイドボタンを押すことでDockを表示できる
サイドボタンを押すことでDockを表示できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加