logo

[ブックレビュー]ベストセラー作家が実践する発想力の鍛え方--「超企画会議」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KADOKAWA
詳細:単行本 / 184ページ / KADOKAWA / 価格:1404円 / 著者:川村元気 / 発売日:2016/04/21 / 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×12.8cm×1.7cm / 重量:0.2kg
内容:数々の映画ヒット作を手がけ、最近ではベストセラー小説まで生み出した川村元気氏による発想力の鍛え方。脳内会議がもたらす驚きの効果とは。
Amazon.co.jpアソシエイト

 空想あるいは妄想と言ってしまえばそれまでなのだが、夢がふくらむのが脳内会議だ。「そんなこと絶対無理」と思ってしまったら、そこですでに自分の発想の限界が見えてしまっている。しかし、本当に「クリエイティブ」な発想をするには、「無理なことなどない」と思って、自由に考えを巡らせることが必要なのかもしれない。

 本書は、数々のヒット作を手がけ、大ヒット小説まで生み出した著者の川村元気氏が、自身の思考や人との付き合い方、困難や難題との向き合い方などを、空想の企画会議を通して伝えるものだ。空想会議を繰り広げる相手は、ハリウッドの有名な映画監督。スティーヴン・スピルバーグやクエンティン・タランティーノなどの名だたる監督たちを相手に、「彼らと一緒に作品を作るとしたら?」という会議を展開する。その空想会議の中には、そうそうたる役者陣の名前も登場する。

 おそらく、これを読んだ誰もが「そんなことまで考えるのか」と面食らうだろう。しかし、いわゆる「明後日の方向」から飛んでくるような発想を見ることは、自分の凝り固まった頭に刺激を与えてくれる。「空想の世界なら、誰を相手に会議をしたっていいんだ」ということ。そこから生み出される何かが、突破口になるかもしれない。

-PR-企画特集