AMD、廉価版GPU「RX 480」を発表--199ドルでVRヘッドセットにも対応

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2016年06月02日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)が、台北で開かれている見本市「COMPUTEX 2016」で「Radeon RX 480」を発表した。RX 480は、NVIDIAの「GeForce GTX 1080」ほどの性能はないが、勝っている点が1つある。それは価格だ。RX 480の予定販売価格はわずか199ドルからとなっている。

 新しいRX 480のパフォーマンスは、すでに廃番となったNVIDIAの「GeForce GTX 980」に匹敵するが、価格ははるかに安い。

 AMDによると、さらに優れた点は、同社の「Crossfire」テクノロジを利用してハイスペックタイプのRX 480を2基つなぎ合わせることで、GTX 1080を超えるパフォーマンスを獲得しながら、価格をはるかに安く抑えられることだという。GTX 1080の小売価格は700ドル前後だが、ハイスペックタイプのRX 480はデュアル構成にした場合でも500ドルを下回る予定だ。

VR対応のAMD RX 480
VR対応のAMD RX 480
提供:Seamus Byrne/CNET

 ただし、不利な点もある。RX 480は、AMDの新しい「Polaris」アーキテクチャと14ナノメートル製造プロセスにより、GTX 1080と同じ150Wの電力を消費する。そのため、RX 480をデュアル構成にする場合は2枚のカードをサポートできるよう、より容量の大きい電源供給ユニットが必要になる。

 とはいえ、AMDが記者会見時に行ったデモで説明したところによれば、リアルタイムストラテジーゲームの「Ashes of the Singularity」を使ったテストで、デュアル構成のRX 480はGPUの51%しか利用しなかったのに対し、GTX 1080は98%を使用していたという。

 また、とりわけ注目すべき点はこのカードが「HTC Vive」や「Oculus Rift」といった仮想現実(VR)ヘッドセットの要件を満たしていることだ。RX 480の発売日は6月29日と発表されている。

Radeon Technologies Groupのシニアバイスプレジデントおよびチーフアーキテクトを務めるAMDのRaja Koduri氏は、RX 480が「真のVR体験を最初のコンシューマー1億人に届けると述べた。
Radeon Technologies Groupのシニアバイスプレジデントおよびチーフアーキテクトを務めるAMDのRaja Koduri氏は、RX 480が「真のVR体験を最初のコンシューマー1億人に届けると述べた。
提供:Seamus Byrne/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加