logo

カリフォルニア工科大学、アップルを提訴--Wi-Fi技術の特許侵害で

Michelle Starr (CNET News) (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月01日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア工科大学は、Appleが本来使うべきでないWi-Fi技術を使用してきたと主張している。

 カリフォルニア工科大学は、カリフォルニア州中部地区米連邦地方裁判所に提出した訴状の中で、データ転送速度とWi-Fi経由のパフォーマンスを改善する特許のうち、4件をAppleに侵害されたと主張している。

 これらの特許は2006〜2012年に取得されたもので、直近のWi-Fi規格である802.11nおよび802.11acにおいて実装された技術を対象とする。MacRumorsが伝えているように、多くの「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple Watch」がこの技術を組み込んでいる。

 訴訟はまた、AppleのサプライヤーであるBroadcomの名前も挙げている。BroadcomはWi-Fiチップを供給しているAppleの主要サプライヤーの1社だ。今回の訴訟は、AppleとBroadcomを相手取った陪審裁判を要求しているほか、Appleが米国で各種デバイスを販売できないようにする裁判所命令と、侵害された特許の損害賠償を求めている。カリフォルニア工科大学は勝訴する可能性が極めて高い。Appleは2015年、ウィスコンシン大学マディソン校が保有する特許を侵害したとして、損害賠償を支払うよう命じられたからだ。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、現時点では得られていない。

iPhone
提供:Oscar Gutiérrez/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集