アップル、インドに大規模な開発センターを開設へ--「Maps」アプリ開発に特化

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年05月20日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は現在インドを訪問中だが、同社はインド各地で話題を振りまいている。

 Appleは現地時間5月19日、「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple Watch」向け「Maps」アプリの開発に特化した開発センターをインドのハイデラバードに開設すると発表した。同社によると、この新しい開発センターは最大4000人の雇用を創出するという。

 Cook氏は次のように述べている。「この地域の人材は素晴らしく、われわれは、相互の関係を広げ、業務の拡大に伴ってさらに多くの大学やパートナーに当社のプラットフォームを導入してもらえることを楽しみにしている」

 この前日、Appleは、インドにおけるスタートアップシーンの中心地とされているバンガロールに、「iOS」のデザインや開発を促進する「iOS App Design and Development Accelerator」を開設すると発表している。

Tim Cook氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加