Google I/O 2016

「Google Play Store」で購入したアプリを家族で共有--グーグル、「Family Library」を提供へ

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年05月20日 09時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Play Store」で購入したアプリを最大6人まで共有できる「Google Play Family Library」を導入することを、アプリ開発者に送付した電子メールで明らかにした。

 Googleは次のように述べている。「Family Libraryの導入後は、そのアプリが2016年7月2日発効のDDA(デベロッパー販売/配布契約書)アップデート以降に購入されたものであれば、ユーザーは購入したアプリをFamily Libraryに加えることができる。シームレスなユーザー経験を提供するため、ユーザーがDDAアップデートの発効日以前に購入したアプリも共有できるようにしてほしい」

 また、Googleが示した新しいDDAによると、この変更はアプリ内購入やサブスクリプション製品には適用されない。

 すでにGoogleは、「Google Play Music」のサブスクリプションを家族で共有できるサポートプランを提供している。Google Play Musicサブスクリプションを購入すると、その一部として、ユーザーは広告なし動画が視聴できる「YouTube Red」へのアクセスや、動画のオフライン保存、モバイル機器でのバックグラウンド再生、およびオリジナルのプレミアムコンテンツへのアクセスが可能になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加