logo

新12インチ「MacBook」レビュー--好みが分かれる仕様ながら性能向上でより魅力的に - (page 4)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年05月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが認識しているが気づかぬふりをしている重大な問題

 12インチMacBookについて10人に尋ねたら(彼らがこの製品をほかのMacBookと区別できるだけの知識を有していると仮定して)、「USB-Cポートを1基しか搭載しないノートブックのことだろ?」という趣旨の答えが全員から返ってくるだろう。

 2016年モデルで2基目のポート(USB-Cかそれ以外のポート)が追加されるのではないか、との期待もあったが、それは実現しなかった。データと音声、電源に1基だけのポート(しかも、まだ完全にメインストリームにはなっていないポート)を使わなければならないことは、依然としてこのノートブックで最も厄介な問題だ。

 とはいえ、2015年版MacBookを何カ月もの間、かなり頻繁に使用してみて、筆者は、1基のUSB-Cポートしか搭載されていないことが、一部の人々が危惧したような決定的弱点では決してないことに気づいた。バッテリは長時間持続するため、外付け周辺機器を接続して電源ポートを塞いでしまうことを心配する必要はなかった。率直に言って、今では非常に多くの情報をクラウドに移行済みなので、筆者は、かつてはどこにでも携帯していた鍵型のUSBドライブを、長年つけていたキーホルダーから取り外したほどだ。

figure_9
提供:Sarah Tew/CNET

 確かに、有線のイーサネット接続を日常的に使用する人や、スニーカーネットでやりとりされるUSBキーを毎日使用する人、動画出力を外部モニタに伝送する人にとって、1基だけのUSB-Cポートは本当に悩ましい問題になり得る。あらゆる機会を想定したUSB-Cドングルやアダプタが販売されているが、それらは不便であるうえに多くの場合高価である。シンプルなUSB-CとUSB-Aの変換アダプタは20ドルである一方、HDMIとUSB-A、USB-C(後者はパススルー充電用)を提供するAppleの大型マルチポートドングルは80ドルする。

 実機を使ったテストで、筆者はほとんどの場合、1基のUSB-Cポートで切り抜けられるとの結論を下したが、これはすべてのユーザーに当てはまるわけではない。

第2世代Core Mプロセッサ

 Core Mの当初の触れ込みは、ノートPCの大幅な薄型化と軽量化を実現し、なおかつ強力なパフォーマンスと長い動作時間も提供するというものだった。それは魅力的なアイデアだったが、2015年版MacBookやLenovo「Yoga 3 Pro」などの高価なシステムに搭載された第1世代Core Mチップは、パフォーマンスとバッテリ持続時間に関して、前評判通りの実力を発揮できなかった。それらの初期モデルの中では、MacBookが最も優れたパフォーマンスを発揮していた。おそらくAppleは、登場して間もない第1世代Core Mで最適な動作を実現するようハードウェアとOSの両方を調整することができたのが、その理由だろう。それにもかかわらず、2015年版MacBookはあまりにも多くのウィンドウやタブを開きすぎたり、非常に大きな文書やファイルを使用していたりすると、動作が遅くなることがあった。

figure_10
提供:Sarah Tew/CNET

 われわれはサムスンのGalaxy TabPro SやHPのSpectre x2など、第2世代Core Mチップを搭載するシステムを複数テストしてみたが、すべて使用感は軽快だった(Core i5プロセッサを搭載するフルサイズのノートPCには依然として及ばないとしてもだ)。2016年版MacBookでは、新しいCore m3かCore m5のいずれかのプロセッサを利用可能だ。われわれがテストしたのは高性能なCore m5の方なので、2015年版MacBookとの正確な比較にはならない。

 これまで数日間使った限りでは、このCore m5システムは旧モデルより速く感じる。分刻みの応答性やアプリの起動という点ではそれほど大きな違いはないが、酷使したときにシステムの動作が低下したり、遅延が発生したりする瞬間は間違いなく減少した。ベンチマーク結果にもそれが表れている。2015年版MacBookをミッションクリティカルなコンピュータとして毎日、朝から晩まで使用するのは無理があるように感じられたが、強力になった2016年版MacBookはより信頼できるように感じられる。ただし、実機を使ってもっと広範なテストを実施するまで、断言することはできない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]