MS「Outlook」、最新アップデートで「Android Wear」に正式対応

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年04月18日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは2015年8月に「Apple Watch」向け「Outlook」をリリースした。このすぐれた「iOS」用コンパニオンアプリを使えば、Apple独自のメールプログラムを軽く凌ぐほどの組み合わせとなる。

 一方「Android Wear」ユーザーはOutlookから通知をスマートウォッチで受け取ることはできたが、体験には一貫性がなく、やがてその機能もなくなった。

 AndroidCentralが報じたところによると、MicrosoftのAndroid版Outlookは、最新バージョンで正式にAndroid Wearに対応し、今後は通知の受信、電子メールの確認、事前に設定したメッセージもしくは音声入力による返信などが可能になるという。

 Android向けOutlookのアップデートはGoogle Play Storeにおいて間もなく始まる。

 本稿執筆時点で筆者の環境ではまだアップデートが開始されていないが、OutlookはAndroidとiOSにおいて一番気に入っている電子メールおよびカレンダーアプリケーションなので、Android Wearへの対応が始まったら、Android Wear端末をもう1つ手首につけることにかもしれない。

 2016年1月の記事に書いたとおり、iOSおよびAndroid版Outlookは最適な電子メール、カレンダー、連絡先管理アプリケーションの1つだ。

 そこにAndroid Wearへの対応が加われば利便性がさらに増すことになる。

Android版Outlook
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加