[ブックレビュー]実務ベースだから身につく--「数字力×EXCELで最強のビジネスマンになる本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 224ページ / 翔泳社 / 価格:1620円 / 著者:田中 耕比古 / 発売日:2016/01/22 / 外形寸法 (H×W×D):20.8cm×14.8cm×2.2cm / 重量:0.3 kg
内容:Excelの使い方はもちろん、「正しい数字の見方・接し方」や「上手な数字の取り扱い方」を指南する。実務に即した使い方を提案することで、きちんと身につけることを考えた1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 本書は、タイトルに「EXCEL」とあるが、EXCELの解説本ではない。もちろんEXCELの使い方についても説明はあるが、単なる機能の説明をするのではなく、「数字(数値)をどのように使いたいのか」という目的ありきで、機能を解説している。本書の主な目的は、数字をどのように扱うべきか、数字から何を読み取るべきか、数字をどのように見せるのかという、本来、ビジネスパーソンが数字と向き合うときに考えるべきことを伝えることだ。

 数字とEXCELの組み合わせで、真っ先に思い浮かぶのは、グラフを作ったり、表計算をしたりといったEXCELの機能をいかにフルで活用することかもしれないが、それでは本末転倒なのだ。何のためのグラフ作りなのか、何のための表計算なのか。EXCELが多機能で、操作も複雑なことから、つい、EXCELの機能を使うことに頭を悩ませてしまう人が多いが、ビジネスで必要なことは、数字そのものと向き合うことであって、EXCELの機能と向き合うことではない。

 本書では、数値(データ)の読み方や分析の仕方など、ビジネスの数字の見方をケーススタディを交えて、懇切丁寧に教えてくれる。社会人になったばかりの人からベテランまで、データに弱い人、データをうまく生かせていないと思っている人に最適だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加