logo

FBI、ロック解除した「iPhone」からいまだ有益な情報得られず?

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年04月15日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると米連邦捜査局(FBI)は、カリフォルニア州サンバーナーディーノで起きた銃乱射事件に関連する「iPhone」のロック解除に成功したものの、まだ有益な情報は何も得られていないという。

 CBS Newsが米国時間4月13日に報じたところによると、FBIは現在も、Syed Farook容疑者が使用していた「iPhone 5c」の情報を分析中だという。Farook容疑者は、14人が死亡した2015年12月の銃乱射事件を引き起こした容疑者2人のうちの1人だ。

 このiPhoneは、2016年に入って米政府とAppleの間で繰り広げられた終わりの見えない法的対立の中心となった。政府はAppleに対し、iPhoneのロックを解除してデータを読めるようにする新しいソフトウェアを作成するよう要請した。Appleは、暗号化を弱めると他のiPhoneユーザーを危険にさらすおそれがあるとして、これを拒否した。

 多くのテクノロジ企業やプライバシー擁護派はAppleを支持した。一方のFBIは、暗号化によって犯罪捜査が妨害されると主張した。

 米政府は、匿名の第三者に依頼し、iPhoneのロック解除に成功した。

 Reutersが13日の記事でBarack Obama政権の情報筋の話として伝えたところによると、iPhoneのロック解除に使われた技法は一般に公開されておらず、今後も公開されることはない見通しだという。記事によると、iPhoneのロックを解除する手法を編み出した第三者は、この技法を法的に所有しているようだ。

 Obama政権は、「Vulnerabilities Equities Process」と呼ばれる手続きに則って技術的不具合を精査し、どの不具合を一般に公開するべきかを判断する。Reutersの報道によると、このプロセスでは民間企業が発見し、抱えている不具合は対象になっておらず、そのため今回協力した第三者にiPhoneのロック解除方法を明らかにする義務はないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集