機能、性能、アクセスから評価--Netflixお墨付きのスマートテレビとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは4月13日、同社の「Netflix Recommended TV(Netflix推奨テレビ)」として、LGエレクトロニクスとソニーのスマートテレビを認定したと発表した。両テレビは2016年春に日本で発売される。

 認定されたのは、LGエレクトロニクス・ジャパンのwebOS 3.0搭載有機ELテレビ「OLED C6P/E6P」 シリーズと4K液晶テレビ「UH 8500/7500/6500」 シリーズ、およびソニーのAndroid 4K UHDテレビ「X8500D/X9300D」シリーズだ。

 Netflixは、オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信。メンバーは対応するインターネット接続デバイスで、時間や場所を問わずに視聴できる。

 Netflix Recommended TVは、Netflixをより快適に利用するため、スマートテレビに必要な基準を設定した評価プログラムのこと。Netflixメンバーの意見をもとに審査基準を設け、2015年に米国で開始した。2016年は新たな審査基準を設定し、190カ国に展開。基準を満たしたスマートテレビにはNetflix Recommended TVのロゴを付与する。

 Netflix Recommended TVとして認定されるには、「機能」「性能」「アクセスの利便性」からなる7項目のうち、5項目を満たす必要がある。審査基準は以下のとおり。

【機能】

  • テレビインスタント起動機能:テレビが瞬時に起動し、すぐにアプリへアクセスできる。
  • テレビレジューム機能:電源を切る直前の状態を記憶させておき、次に電源を入れた際、電源を 切る直前の状態から再開できる。

【性能】

  • Netflix 最新バージョン:Netflix最新バージョンが搭載され、Netflixの最新機能を利用できる。
  • 迅速なアプリ起動:テレビの電源を入れたあと、すぐに Netflixを開始できる。
  • 迅速なアプリレジューム機能:他のアプリやチャンネルから Netflixへ移動した際、瞬時に動画を 再生できる。

【アクセスの利便性】

  • Netflix ボタン:テレビの電源を入れてから、1回のボタン操作で Netflixを開始できる。
  • Netflix アイコンアクセスの利便性:操作画面で、Netflixアイコンが見つけやすくかつ簡単にアクセスできる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加