logo

「Google Fiber」、5Mbps無料オプションをカンザスシティで廃止

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年04月12日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ミズーリ州カンザスシティの「Google Fiber」ユーザーに提供していた無料オプションを廃止した。

 カンザスシティは、Googleが2011年に高速ブロードバンドサービスのGoogle Fiberを最初に提供開始した地域だった。Googleが提供するこの光ファイバーブロードバンドサービスは、米国の数都市のみで利用可能で、従来のブロードバンドよりはるかに高速な最大1000Mbpsの通信速度を提供する。

 Googleはこれまで、ユーザーが工事費用を支払うという条件で、下り最大5Mbps、上り最大5Mbpsの無料サービスを提供していた。

 しかし、Google Fiberが拡大し、堅調な需要が続く中で、この無料オプションはひっそりと廃止された。

 これにより、Fiberの利用を希望するカンザスシティ在住者は、最低で月額50ドルを支払わなければならなくなった。1年契約を結ぶと工事費用は無料になり、最大100Mbpsの通信速度を利用できる。これとは別に、Googleは月額70ドルで最大1000Mbpsの通信速度と1テラバイトのクラウドストレージを利用できるプランも提供している。

 Google Fiberのページを見ると、同サービスは次にアトランタで提供される予定で、そこでも5Mbpsの無料オプションは用意されないようだ。

 Google Fiberに必要なインフラストラクチャとケーブル敷設は現在、シャーロットとナッシュビル、ローリー・ダーラム、ソルトレイクシティで工事が進められている。サンアントニオは依然として設計と計画の段階にある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集