iPad ProはPCの代替になるか?--9.7インチモデルと過ごした2週間 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad Proの性能を引き出すには

 筆者がiPad Proを主として生活してみて感じたことは、Macやパソコンよりも、ブラウザを使わなくなったということだ。それもそのはずで、TwitterやFacebookは専用のモバイルアプリが利用でき、通知も届く。またカレンダーやGmailなども、アプリから利用した方がスムーズだ。

 画面分割機能は、2つのアプリを組み合わせるには便利だ。

 例えばFaceTimeオーディオでバックグラウンドでの通話しながら、Evernoteでメモを取りつつ、Facebookメッセージでグループチャットを行うといった使い方もできるし、Keynoteと写真アプリを表示させて、取材してきた内容をスライドにまとめたり、Safariで調べ物をしながら数字をExcelにまとめたり。こうした作業を、音楽を聴きながらこなせた。

 バックグラウンドを含めて2つのタスクを同時に行えれば、MacやPCで行ってきた作業の大半を再現できる。アプリさえあれば、あるいは組み合わせによって解決できれば、PCの代替というコンセプトは実現可能だ。

 ただ、会計やイラストレーションなどの専門的なソフトが存在しない場合、PCの完全な代替は不可能だ。こればかりは、仕方がないことだし、Appleの言っていることは、現段階では理想であると言わざるを得ない。

 その一方で、「アプリさえあれば」というフレーズは、意外な威力をもたらすかもしれない。

 十分にパワフルなiPad Proなら、ビデオをつなぎ合わせてクリップを作ろうと思えるし、写真の加工やKeynote、Adobe Compを使ったちょっとしたコラージュ作りも広い画面とApple Pencilの組み合わせで行える。

 iPad ProはPCの代替たり得なくても、われわれに別の道を示すかもしれない。プロでなくても何かを日常的に作り出す習慣が身についたら、それはとてもAppleのブランドらしい、コンピュータの未来像ではないだろうか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]