インテル、経営陣の一部を刷新

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年04月05日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、Qualcomm TechnologiesからVenkata "Murthy" Renduchintala博士を迎え入れたが、これに続いて経営陣の入れ替えを実施し、同社で長く務めてきた2人の幹部が去ることになった。

 Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Krzanich氏と、Client and Internet of Things (IoT) Businesses and Systems Architecture Groupのプレジデントを務めるRenduchintala氏は米国時間4月4日、従業員に宛てたメールの中で今回の人事について明らかにした。

 IntelでIoT部門を率いてきたDoug Davis氏は、2016年末で退職する。Davis氏は32年間にわたってIntelに務め、かねてから退職を考えていた。おそらくRenduchintala氏の登用がその決断を後押ししたのだろう。

 また、直近ではIntelのクライアントコンピューティング部門を率いていたKirk Skaugen氏も、4月8日付けで同社を離れることになった。Skaugen氏は著名な幹部で、Intelのデータセンター部門とPC部門を率いていた。

 発表によれば、Skaugen氏は「次のキャリア」を目指して同社を離れることになったという。Intelのクライアントコンピューティング部門は、Navin Shenoy氏が引き継ぐことになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加