博報堂、ヤフー、DACがデジタルマーケティング新会社--「Handy Marketing」設立

山川晶之 (編集部)2016年04月01日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂DYメディアパートナーズ(以下、博報堂)、ヤフー、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)の3社は、マーケティングソリューションを研究・開発する「株式会社Handy Marketing」を、4月1日に設立したと発表した。

 Handy Marketingでは、3社が持つデータ分析・プラニングノウハウを活用し、プラニングツールや関連サービスを開発予定。マス広告との統合プラニングやデータドリブンマーケティングの実践をサポートする。

 出資比率は、博報堂が50.1%、ヤフーが49%、DACが0.9%。代表取締役社長には博報堂から大堀益弘氏、代表取締役副社長にはヤフーから天野武氏が就任する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加