「iOS 9.3」リンク問題、原因は「Universal Links」か--アップルは修正に向けて作業中

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2016年03月30日 10時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 9.3」をインストール後、「Safari」「Messages」「Mail」の各アプリでリンク先を開くのに不具合を経験している人は、自分だけではないという事実で気を休めよう。Appleのサポートフォーラムには、この問題の不満を訴える、いら立った「iPhone」と「iPad」のユーザーによって、おびただしい数のスレッドが立てられている

 ハイパーリンクをクリックしても何も起きないという主張があれば、リンクのクリックでSafariがクラッシュするという声もある。

 この問題の原因は、「Universal Links」という新しい機能にあるようだ。これは、ウェブ開発者が、特定のリンクをブラウザのSafariに向かわせるのではなく、独自のアプリで開くよう指定できるというものだ。この機能はiOS 9で初めて導入されたが、「Bookings.com」や「Wikipedia」など一部のアプリがユニバーサルリンクの関連付けファイルに加えているリンクが多すぎるとみられ、これがiOS 9.3(および一部の報告によれば「iOS 9.2.1」)でハイパーリンクを壊している。

 モバイル専門家のBen Collier氏は、問題が起きる過程を次のように説明している

 「アプリ開発者は、自社アプリで開けるURLの種類を列挙したアプリ関連付けファイルを、自社のウェブサイトに置いている。ユーザーがアプリをインストールすると、iOSがこの関連付けファイルをダウンロードし、インストール済みアプリで開けるURLに関するデータベースを更新する」

 「iOSには、大きすぎるアプリ関連付けファイルを渡されると、ユニバーサルリンクを完全に壊してしまうバグがあるようだ」

 Bookings.comはその後、自社アプリを修正している。問題は、アプリを修正しても、すでに影響を受けたユーザーらの問題が修正されないことだ。Collier氏が、影響を受けた人たち向けに、可能性がある修正手順を概説しているが、正式な修復はAppleから提供される必要がある。

 幸い、正式な修正に向けた作業は進行中だ。

 Appleの広報担当者は、同社が「この問題を認識しており、まもなくソフトウェア更新で修正を公開する」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加