logo

9.7インチ「iPad Pro」の第一印象--「iPad Air 2」と比べ大幅に進化した新モデル

Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年03月24日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブレット分野は、ここしばらく動きが少なかっただけに、Appleの最新型「iPad」が2016年において最大級の話題を集めるのは間違いないだろう。9.7インチ「iPad Pro」は、米国時間3月24日に予約の受け付けが始まり、31日に出荷される予定で、価格は599ドルからとなる。

 9.7インチiPad Proは、基本的には2015年に発売された13インチモデルの小型版だ。同じタイプのカラフルなディスプレイを採用しており、これは「iPad Air 2」より明るく、反射率も抑えられている。色域も広く、Appleによれば彩度はiPad Air 2より25%高いという。

 9.7インチiPad Proで新しいのは、周辺の光に合わせて色温度を動的に調整する「True Tone」ディスプレイだ。4つの周辺光センサが搭載されており、どこで使っていても色温度が検出される。その情報をもとに、画面ができる限り白に近く見えるように、画面を暖色系(黄色みが強くなる)か寒色系(青みが強くなる)に調節する。

 iPad Proはサイズこそ小さくなったが、それに伴って音が犠牲になっているわけではない。9.7インチiPad Proはスピーカを4つ搭載しており、iPad Air 2の2倍の音量を出せる。

 大型モデルと同様に、9.7インチiPad Proも「Apple Pencil」をサポートし、「Smart Keyboard」に接続できる。また、Appleは「Lightning」アダプタの新シリーズを発表しており、新型iPad ProをUSBカメラアダプタやSDカードリーダー、イーサネットケーブルに接続することができる。

9.7インチiPad Proでは、iPadとしては初めてローズゴールドモデルが登場する。
9.7インチiPad Proでは、iPadとしては初めてローズゴールドモデルが登場する。
提供:James Martin/CNET

 9.7インチiPad Proの主な仕様は以下のとおりだ。

  • 9.7インチディスプレイ
  • 「A9X」プロセッサ
  • 12メガピクセルカメラ(4K動画撮影に対応)
  • 5メガピクセルの前面カメラ(Retina Flashを搭載)
  • 32Gバイトモデルが599ドル、128Gバイトモデルが749ドル、256Gバイトモデルが899ドル(米国)
  • カラーバリエーションは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドと、ローズゴールド(iPadでは初)

-PR-企画特集