お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iPhone SE」の第一印象--「iPhone 6s」と同等のスペックが4インチボディに

2016/03/23 11:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大型スマートフォンがあふれる世界で、Appleは再び小型モデルを投入した

 新たに発表された「iPhone SE」は、スクリーンサイズが4インチで、処理性能やカメラ性能は現行の大型モデル「iPhone 6s」と同等だ。さらに、Appleの「iOS」ソフトウェアのバージョン9.3も搭載する。「iOS 9.3」は米国時間3月21日、iPhoneの他のモデルにも公開された。

 また、写真を3秒の動画に変換する「Live Photos」を搭載する。常時オンの「Siri」もサポートされており、「Hey, Siri」と呼びかければ、いつでもAppleのバーチャルアシスタントSiriが起動する。米国などにおいて「Apple Pay」にも対応した。

 搭載が見送られたのは「3D Touch」だ。これはAppleの感圧式スクリーンナビゲーションで、スクリーンを長押しするとサブメニューが開く(この機能はなくても構わないという人が多いだろう)。

 手のひらサイズのiPhone SEの印象は、言葉で表現できないほど「iPhone 5s」に似ている。デザインに関して言えば、両モデルは基本的に同じものだからだ。もっと丸みを帯びた最近のiPhoneの形状が好きな人は、iPhone SEの古めのデザインに驚くかもしれない。

iPhone SE
提供:James Martin/CNET

 iPhone SEは、2013年のiPhone 5s(同じく4インチだった)以降では最も小さなiPhoneだが、実際に手に取ってみると、大型のiPhone 6sと「iPhone 6s Plus」に速度と機能の面で追いついたことを実感できた。動作は速い。昔のモデルと同じように、シャツのポケットにするりと入って姿を消した。

 カメラ性能については、Appleの他のトップエンドスマートフォンと同等のはずだ。iPhone 6sと同じ12メガピクセルのカメラが惜しみなく搭載された。スクリーンが光を発して暗所を照らすため、明かりが少ない場所での自撮り写真の画質も良好だ。4K動画の撮影にも対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社