logo

4インチ「iPhone SE」とは--アップルイベント前にうわさを再確認 - (page 3)

Justin Jaffe (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2016年03月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケースメーカーから流出した設計図面がきっかけとなって、新型iPhoneのサイズはiPhone 5sとほぼ同じ(およそ長さ124mm、幅59mm、厚さ7.5mm)になると複数の情報筋が判断した。これは大方の予想とも一致しており、iPhone SEはiPhone 5sに似たデザインだが、最近のモデルの新しいコンポーネントやソフトウェア機能の一部が搭載されると見られている。

3D Touchの搭載を期待してはいけない。
3D Touchの搭載を期待してはいけない。
提供:James Martin/CNET

セキュリティ

 iPhone関連のうわさでセキュリティが大きく取り上げられることはあまりないが、このところ大小のメディアで何度も見出しを飾っていたのは、まさにセキュリティをめぐるAppleと米連邦捜査局(FBI)の継続中の論争に関する話題だ。「iCloud」に保存されているデータは以前から暗号化されているが、The Wall Street Journalが匿名の情報筋の話として報じたところによると、Appleは方針の変更を検討しており、データの復号に使用できるキーを同社が保持しないようになる可能性があるという。それ以前にThe Financial Timesは、AppleがiCloudサービスを通して保存されたデータを暗号化する手段の開発に取り組んでいると報じていた。それが実現すれば、捜査に当たる法執行機関をさらに苛立たせるだろう。The New York Timesによると、AppleのエンジニアはiPhoneのハッキングを防ぐ新しいセキュリティ対策を開発中だという。

 次期iPhoneが3月に発表されたとしても、FBIの詮索を受けて開発されたテクノロジが搭載される可能性は極めて低い。とはいえ、その新しいセキュリティ機能がソフトウェア(またはiCloud)だけで実現可能なものだとすれば、発売後のOSアップデートで早期に追加のセキュリティ対策が提供される可能性もある。

ディスプレイ

 サファイアディスプレイに関するうわさは特に根強い。採用されれば、現行モデルの「Gorilla Glass」より傷や破損に強いディスプレイになるだろう。実際に、Apple Watchのハイエンドモデルにはサファイアディスプレイが搭載されており、OLEDテクノロジも採用されている。OLEDはクラス最高の黒レベルとコントラスト、カラーを表現することができ、採用するスマートフォンが増加している(サムスンの「Galaxy S6」など)。

 iPhone SEは、iPhone 5s(左)と同じ4インチ画面を搭載すると予想されている。写真中央はiPhone 6(4.7インチ画面)で、写真右はiPhone 6 Plus(5.5インチ画面)。
iPhone SEは、iPhone 5s(左)と同じ4インチ画面を搭載すると予想されている。写真中央はiPhone 6(4.7インチ画面)で、写真右はiPhone 6 Plus(5.5インチ画面)。
提供:Sarah Tew

 Forbes(や他のメディア)は、iPhone SEには、本体周辺部で湾曲した「2.5D」ディスプレイが搭載される可能性があると報じた。それによって、iPhone 6やiPhone 6sに搭載のものと同様に、画面をスワイプしたときの本体周辺部での指触りが良くなるという。Appleは現行iPhoneの「Retina」ディスプレイに、LEDバックライト方式のLCDテクノロジを採用している。AppleはいずれOLEDディスプレイに切り替える予定だが、それは2018年以降になる、との見方もある。したがって、このアップグレードもiPhone 7の後継モデルで登場する可能性が高く、iPhone SEで採用されることはまずないだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]