logo

スマートウォッチはダメなのか--実際に使って感じたこと - (page 2)

Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年03月15日 07時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートウォッチは、情報をすばやく得るための手段だ。「Minecraft」のプレイやセルフィーの撮影はできない。しかし、新たな着信メール、カレンダーにある週末の予定、Golden State Warriorsの次の試合時間を素早く確認できる。すべて携帯電話を取り出さずに可能だ。ちょっとした便利さだが、便利であることには変わりない。

 さらに細かいことだが、それでも重要なこととして、文字盤を変えられることも気に入った。気分によって文字盤を変えるのは、腕時計用ではあるが、服でいっぱいのクロゼットを持っているかのようだ。文字盤を変えるたびに新しい時計を身につけている気分になる。1つの腕時計を数年間身につける予定なら、その見た目にこだわることが大きな問題となる。スマートウォッチならば、そのような不安は軽減される(女性用のより良いバンドがいくつか登場し続けてくれれば、さらに素晴らしいだろう)。

 悲しいかな、多くのレビューで既に述べられているように、スマートウォッチは完璧とは言い難い。個人的に感じる最も大きな不満は、短いバッテリ持続時間、限られたアプリ数、メッセージ機能の不足だ。

Apple WatchはiPhoneと連携するため、Appleファンに一般的な選択肢だ。
Apple WatchはiPhoneと連携するため、Appleファンに一般的な選択肢だ。
提供:James Martin/CNET

 一部のスマートウォッチはメッセージ機能を搭載しているが、いくつか制約がある。筆者が試用したデバイスのように多くのモデルは、応答文をあらかじめ用意しており、「はい」や「いいえ」といった基本的な返信をするには問題ない。しかし、より込み入った内容となると携帯電話を使用する必要がある。一部ではキーボードが提供されるが、メッセージをタイプするには大変な労力を要する。その時点で、携帯電話を使ってしまった方が楽だ。

 スマートウォッチで利用可能なアプリの数は多くない。そのため、スマートウォッチが集中の妨げになることは少ない。メッセージや通知の確認、ESPN、カレンダー、天気などのアプリの使用を別にすれば、スマートウォッチで費やす時間はさほどなく、その点は気に入っている。ソーシャルメディアのチェックやゲームのプレイをしたければ、タブレット、コンピュータ、携帯電話を使うことが可能だ。また、アプリがあったとしても、一般的にiPhoneやAndroidスマートフォンにあるほど無数の選択肢はない。Apple Watchには基本的な音楽アプリやUberはあるが、筆者の好みであるSpotifyやLyftアプリはない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]