「Mac」を標的にしたランサムウェア、発見される--完全なものとしては初 - (page 2)

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ) 編集部2016年03月08日 11時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、研究者らは、影響のあるバージョンのBitTorrentインストーラをTransmissionがウェブサイトから削除したとも述べている。

 Transmissionのインストーラを2016年3月4~5日に公式サイトから直接ダウンロードしたユーザーは、KeRangerの影響を受けている可能性がある。別の場所から、あるいは別の時間にダウンロードした場合も注意するよう、Palo Alto Networkのセキュリティ研究者らは忠告している。Palo Altoのウェブサイトで、自身の環境を保護する手段を確認できる。

 Transmissionはまた、すぐに最新のバージョン2.92にアップグレードすることで、KeRangerがユーザーのMacに存在する場合には確実に「正しく削除」することを勧めている。

 では、KeRangerはそもそも、どのようにして保護をすり抜けたのだろうか?

 Palo Alto Networksによると、「KeRangerアプリケーションは、有効なMacアプリ開発用証明書が添付されており、それによってAppleの『Gatekeeper』による保護をすり抜けられた」という。

 Transmissionは自らをボランティアベースのオープンソースプロジェクトと説明している。そのため、Transmissionのウェブサイトが「不正にアクセスされ、(DMG)ファイルが再コンパイルされた悪意あるバージョンに置き換えられた」可能性もあると、Palo Alto Networksの研究チームは指摘する。だがそれでもなお、どのようにして感染が起きたかは特定できないと同チームは述べている。

 この問題はひとまず解決されたかもしれない。しかし、この一件の影響は、時おりトレントを利用するMacユーザー以外にも間違いなく波及するだろう。

Macを標的とし、かつ、完全なものとしては初のランサムウェアが発見された。
Macを標的とし、かつ、完全なものとしては初のランサムウェアが発見された。
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]