Sansanと日本MS、「Sansan コネクタ for Dynamics CRM」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanと日本マイクロソフトは1月6日、「Microsoft Dynamics CRM Online」「Microsoft Dynamics CRM」(あわせてDynamics CRM)向けに「Sansan コネクタ for Dynamics CRM」の提供を開始した。名刺管理サービス「Sansan」で2015年10月に公開されたAPIを活用している。

 このソリューションにより、SansanとDynamics CRMのサービスを利用しているユーザーは、名刺をスキャンするだけで名刺情報をDynamics CRMの顧客マスタに取り込めるようになる。そのため、営業担当者による顧客情報の入力負荷を軽減できるとしている。

 両社は今後、共同で販売活動を始める計画。具体的には、同ソリューションの導入展開をサポートするパートナー企業の誘致とトレーニングを実施するとともに、法人のユーザー向けた協同マーケティングを展開する。初年度50法人以上への導入を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加