logo

グーグル「Chromecast Audio」、複数の部屋での音楽再生が可能に--高解像度ファイルにも対応

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年12月11日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社製品「Chromecast Audio」に2つの大きな更新を加えるという数カ月前の約束を果たした。35ドルのこのオーディオストリーム製品は今回、複数の部屋での音楽再生と、Wi-Fiを介した高解像度の音楽再生をサポートするようになった。

 どちらの機能も、この小さなデジタル音楽ドングルが9月に発売された際に強調されていたものである。

 ユーザーは「Chromecast」アプリを使用することで、家中の装置を1つの名前でグループ化し、それをあたかも1つのChromecastのように扱って、そのすべてにストリーミングできるようになった。

 またChromecast Audioは、Wi-Fiを介して最大24bit/96kHzという品質の音楽ファイルに対応するようになった。ただしGoogleはまだ、そのビットレートで何台同時に使用できるかについては明らかにしていない。高品質ストリームは大量の帯域幅を消費する傾向が高く、無線ネットワーク上の問題を引き起こす恐れがあり、SonosやHEOSなどのシステムでは避けられる傾向にある。

 Chromecast Audioは、USB電源に接続するドングルで、3.5mmのアナログ接続またはmini-Toslink光接続を介してスピーカーに出力を送信する。「Chrome」ブラウザに加えて、「Pandora」「Spotify」「iHeartRadio」「Soundcloud」などのアプリがサポートされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集