グーグル、 「Google Play Music」の家族向けプランを提供開始

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年12月10日 09時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Play Music」にはない「Apple Music」のメリットの1つが消えた。Googleが、Appleのサービスに匹敵するファミリープランを導入したためだ。

 Googleは米国時間12月9日、月額14.99ドルで最大6つのGoogleアカウントをサポートするサブスクリプションオプション「Play Music Family Plan」の提供開始を発表した。

 このオプションを利用するユーザーも、Google Play Musicの有料会員に広告なしで提供される3500万曲の楽曲にアクセスできる。音楽は、「Android」および「iOS」用のアプリ、またはPlay Musicウェブサイトで聴くことが可能。家族のプレイリストやお気に入りは個別に保存される。

 2015年に入ってApple Musicが提供開始されたとき、月額14.99ドルのファミリープランは非常に画期的な機能だと筆者は感じた。個人ユーザー用の月額9.99ドルのプランに対してリーズナブルな価格で、当時それに匹敵するプランを提供する音楽サービスはほとんどなかったためだ。

 Googleは、Apple Musicに匹敵するプランを導入しただけでなく、米国では、オンラインでもオフラインでもミュージックビデオを広告なしで視聴可能な「YouTube Red」をPlay Music Family Planに組み入れることにより、これをApple Musicに勝るプランとしている。

 Play Music Family Planは9日から、米国、英国、オーストラリア、フランス、ドイツで提供開始され、その他の国でも「まもなく」提供開始されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加