logo

4K対応21.5インチ「iMac」レビュー(第1回)--ディスプレイ刷新の意義と利点 - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年12月07日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 21.5インチiMacの新しい要素としては、ほかにも高速データ転送(「Thunderbolt」をサポートするアクセサリがある場合)を実現する「Thunderbolt 2」ポートや、よく使われるデータに高速アクセスするための小容量SSDと標準的な大容量HDDを組み合わせた新しいハイブリッドハードドライブオプション(Appleはこれを「Fusion Drive」と呼んでいる)などがある。

 スクリーン解像度の向上と新しいCPU以外で、iMacシリーズに施された最大かつ明白な変更が、刷新された一連の同梱アクセサリだ。Appleのワイヤレスキーボード(「Magic Keyboard」)と「Magic Mouse」「Magic Trackpad」(いずれも世界中のAppleユーザーのデスクでよく目にする)に何年もの間で初めて刷新が施された。筆者が最も期待している新機能はこれかもしれない。

 3つのアクセサリはすべて使い捨ての電池の使用を取りやめ、内蔵の充電式リチウムイオンバッテリに移行した。これにより、従来のデザインで大きな割合を占めていた円筒状のバッテリコンパートメントが不要になり、キーボードとトラックパッドはよりスリムになった。Magic Keyboardは小型化と薄型化を実現したが、キーの面積は若干広くなっている。「Magic Trackpad 2」は表面積が広くなっており(元のバージョンと比べるとかなり大きく見える)、「MacBook」や「MacBook Pro」のパッドと同様、「Force Touch」にも対応した。「Magic Mouse 2」は旧モデルと同じに見えるが、少しだけ軽くなっており、底面のラバー部分も改善されている。

figure_4
提供:CNET/Sarah Tew

 全般的に言えば、今回の刷新は、iMacシリーズへの重要なアップデートである。最近では、HDより高性能なディスプレイの搭載は、高級なノートPCやデスクトップコンピュータの最低要件のように感じられるからだ。4Kや5Kのディスプレイで色域のサポートが向上したことも、iMacがクリエイティブなプロフェッショナルにとって最高の選択肢であり続けることに寄与するだろう。

 それ以外のすべてのユーザーにとっても(たとえ4Kコンテンツを日常的に視聴しなくても)、Retinaレベルの鮮明なディスプレイは、ひとたびそれに慣れてしまうと、離れられなくなってしまうようなものだ。さらに、新しい4K iMacは、われわれがレビューしてきた多くの4Kディスプレイ搭載「Windows」PCに対抗する価格設定となっている。

 ここ数年間に発売されたモデルを持っている人にとって、これは必須のアップグレードではないが、旧型iMacを少しばかりアップグレードするために、刷新されたキーボードやマウス、トラックパッドを購入する価値はあるかもしれない。

4K Retinaディスプレイ搭載Apple iMac(21.5インチ、2015年)
レビュー時の価格1499ドル
ディスプレイサイズ/解像度21.5インチ、4096×2304のディスプレイ
PC CPU3.10GHzのIntel Core i5-5675R
PCメモリ8Gバイト、1866MHzのDDR3 SDRAM
グラフィックス1536Mバイト(共有)のIntel Iris Pro Graphics 6200
ストレージ1テラバイト、5400rpmのHDD
通信機能802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0
OSApple OS X 10.11 El Capitan

 次回に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]