logo

新型「Apple TV」レビュー(第2回)--新リモコンの操作性と容量選択時のヒント - (page 3)

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年12月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリがどれも同じようなデザインをしている旧Apple TVに慣れている人なら、「Netflix」「Hulu」「HBO Now」といった一部の定番アプリで見た目が大きく変わったことにすぐに気づくだろう。他のデバイス上でのアプリに近くなった。「WATCH Disney」など一部のアプリは、新型Apple TVでは、筆者が見てきた他のプラットフォームとまったく見かけが違っている。とはいえ、「YouTube」「ShowTime」「WatchESPN」など大半のアプリは似たような見た目で、旧Apple TVのバージョンともそれほど変わっていない。Appleによると、アプリの開発元は今後も自社のApple TVアプリのルックアンドフィールを自由に更新できるという。

 こうしたアプリがApple TVで提供するテレビ番組、映画、動画は、RokuやAmazon Fire TV、「Chromecast」といった他のテレビデバイスとほとんど同じだ。画質もそれほどは変わらないが、Apple TVの方が洗練された感じは強い。

figure_8
提供:Screenshot by David Katzmaier/CNET

 インターネット回線の速度が十分であれば、アプリもテレビ番組も、筆者が見た他のあらゆるデバイスと同じくらい短時間で起動し、画像の読み込みも速い。タッチパッドリモコンを使うと、今までにないスピードと正確さでテレビ番組の早送りや早戻しができる。片方の端をクリックすると10秒戻り、もう一方の端をクリックすると10秒先に進む。上から下にスワイプすれば、字幕や音声のオプションが表示される。

「どんな番組が見られる?」

 何を見たいのか自分でもわからない場合は、Apple TV版の「Siri」に聞くといい。現時点では、テレビベースで最高の音声認識システムだ。Roku、Amazon Fire TV、「Android TV」の音声検索機能はどれも、ユーザーが話した内容を比較的うまく認識するが、最もよく機能するのは、具体的な番組名、俳優や監督の名前を伝えたときだ。こういうことはSiriにもできるし、うまくこなすが、もっとあいまいな内容でも理解してくれる。

figure_11
提供:Screenshot by David Katzmaier/CNET

 何かいい映画を教えてほしいと聞いてみたところ、新作映画のタイトルが多数表示された。「インサイド・ヘッド」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「オデッセイ」「Spy」「6才のボクが、大人になるまで。」「グローリー/明日への行進」「バードマン」といった作品名が、「Critics say these are some of the best」(評論家が選んだベスト映画)という見出しに並ぶ。ほとんどは妥当な選択だが、いくつかはあまりに新しい作品で、まだ先行予約しかできなかった。そして、ほぼ全作品が「iTunes」経由でしか利用できない。つまり、購入が必要ということだ。

figure_12
提供:Screenshot by David Katzmaier/CNET

 そこで、「Show me movies I can watch for free」(無料で見られる映画を教えて)と聞いてみたが、うまくいかなかった。「I found some movies」(映画がいくつか見つかりました)という見出しで並んだ24件の結果も、大部分はiTunesの有料コンテンツだった。無料の映画、と聞いたときの返事は、「I'm sorry, I can't search by price for you」(すみません、価格での検索はできません)だ。確かに、「for free」(無料)がもう検索インターフェースに組み込まれているかとApple関係者に聞いてみたところ、まだという返答だった。

 「Movies my kids can watch」(子どもが見られる映画)と聞いたときも、適切な結果は返ってきたが、やはり有料だった。そこで「Kids' movies on Netflix」(Netflixにある子ども向け映画)と聞いてみたら、これが正解だった。ヒットした24件はすべてNetflixにあるタイトルで、たとえば「Box Trolls」「ザ・ペンギンズ from マダガスカル」「ヒックとドラゴン2」など、適切な作品が表示された。筆者はNetflixを契約しているので、どれを見ても支払いは発生しない。この検索方法は、他のサービスの別のジャンルでも有効だ。「Comedies on Hulu」(Huluのコメディ)や、「Science Fiction on HBO」(HBOのSF)、そして「Dramas on ShowTime」(ShowTimeのドラマ)はどれも、「無料」のコンテンツを簡単に見つけることができた。

 次回に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]