logo

ファーウェイ、ハイエンド機「Mate S」を日本市場に投入--楽天モバイルなどで12月4日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーウェイ・ジャパンは11月26日、同社のハイエンドモデルとなるSIMフリースマートフォン「HUAWEI Mate S」を12月4日に発売すると発表した。税別価格は7万9800円で、同社のオンラインストア「Vモール」楽天市場店、楽天モバイル、主要家電量販店、ECサイトなどで販売する。


左からファーウェイ・ジャパンのデバイス・プレジデントであるゴ・ハ氏、モデルの道端アンジェリカさん、楽天の執行役員で楽天モバイル事業長を務める大尾嘉宏人氏

 HUAWEI Mate Sは、9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFA2015において発表された端末。ディスプレイは約5.5インチで、フルHD(1080×1920ピクセル)のAMOLED(有機EL)を採用。筐体は素材削り出しのフルメタルシェルボディを採用し、側面にはダイヤモンド加工を施すことで手に持ったときの質感を生み出している。

 またディスプレイ用ガラスには、2.5Dラウンドエッジ加工によって角に丸みを持たせた第4世代のGorillaガラスを採用している。背面は手に持った時にフィットするアーク形状で、最薄部は2.65mm。狭額縁のため、同じ5.5インチ液晶を採用するiPhone 6s Plusよりもコンパクトで、大きさは幅75.3mm、高さ149.9mm、厚さ7.2mm。重さは156グラムと軽量だ。

  • フルHDの5.5インチAMOLEDを搭載したHUAWEI Mate S

  • 本体右側面には電源ボタンと音量ボタンを備える

  • 本体下部にスピーカーとmicroUSBスロット。ガラスの縁にはラウンドエッジ加工が、筐体側面にはダイヤモンド加工が施されている

  • 本体の最薄部は2.65mm

  • AMOLEDディスプレイの採用により発色の鮮やかな表現を実現

  • iPhone 6s Plusとのサイズ比較

  • 指紋認証センサは従来機よりも2倍に認識精度が向上した

  • 指紋認証センサを長押しすることでカメラのシャッター操作が可能に

  • 関節部で画面上に文字を書くことでアプリの起動ができる「ナックルジェスチャー」

 機能面では、背面に搭載した指紋センサを高性能化し、認識スピードは従来機の約2倍に向上。加えて、この指紋認証センサはタッチバッドの役割も兼ねており、端末のロック解除だけでなく、上下スライドによる通知エリアの開閉、左右のフリックによる写真ギャラリーの操作、長押しによるカメラのシャッター操作などができる。

 また、指の第2関節部分による画面タップを認識して独自の操作をすることができるナックルセンス・テクノロジを搭載し、写真のクロップ(切り出し)、ディスプレイのビデオキャプチャ、アプリの起動などが可能。たとえば、関節部で「M」の字をディスプレイに書くと音楽アプリが、「C」の字を書くとカメラが起動する。

  • カメラの内部構成と主な特長

  • プロカメラモードではシャッター速度や絞り値、ホワイトバランスや測光モードを操作できる

  • インカメラ用にもLEDフラッシュを搭載する

 アウトカメラは1300万画素で、従来のRGBにホワイトを加えた4色イメージセンサと最大補正角1.2度の光学式手ぶれ補正機構、2色LEDフラッシュを搭載し、カバーガラスにはサファイアプロテクターを採用している。また、フルオート撮影やシーン撮影に加えて、シャッター速度やホワイトバランスを調整してマニュアル撮影ができる「プロモード」を搭載している。インカメラは800万画素で、ソフトライトLEDを搭載している。

-PR-企画特集