logo

「iPad Pro」をiFixitが分解--スピーカーがバッテリの半分の空間を占拠

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年11月13日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「iPad Pro」を分解してみると、新たな4基構成のスピーカーシステムが内部空間の多くを占めていることが分かる。

 機器の修理を専門とするiFixitが分解したところ、スピーカーの筐体がバッテリの約半分のスペースを占めていた。しかも、iPadのバッテリは小型ではない。バッテリ容量は38.8Whで、「iPad Air 2」のバッテリより40%大きく、Microsoftが「Surface Pro 4」に採用しているバッテリの38.2Whをやや上回る。

 だが、スピーカー本体とボリュームチャンバからなるスピーカーシステムは、バッテリの約半分の空間を占めている。つまり、AppleがiPad Proに小型のスピーカーを搭載していれば、バッテリを約50%大きくすることが可能だったわけだ。

 修理の面から言えば、iPad Proはその大きさにもかかわらず、通常のiPadより大幅に修理しやすいというわけではない。バッテリは端末にはんだ付けされておらず、簡単に取り外せるようにプルタブがあるが、部品を固定するために相変わらず大量の接着剤が使用されている。また、ディスプレイはフロントパネルとくっついているため、損傷した場合に丸ごと交換が必要となる。


提供:iFixit

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集