東芝、商業施設に同時通訳や位置情報を提供する「トータルインバウンドサービス」

加納恵 (編集部)2015年11月05日 18時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝と東芝テックは11月5日、訪日外国人向けの集客、接客をサポートする「トータルインバウンドサービス」の提供を開始すると発表した。

 トータルインバウンドサービスは、東芝の持つ、メディアインテリジェンス、位置情報、クラウド基盤技術などのICT技術と、東芝テックのPOSシステムや免税処理サービス、各種決済サービスを組み合わたもの。

 日英・英日、日中・中日に対応する「商業施設向け同時通訳サービス」やBLEビーコンを施設・店舗などの各チェックポイントに配置することで、BLEビーコンと訪日外国人の持つスマートフォンのアプリが連携し、チェックポイントを通過した訪日外国人のスマートフォンに観光情報、イベント情報、店舗情報、お買い得情報などの提供する「位置情報サービス」、地域、イベント、店舗・商品などの情報を提供する「訪日前プロモーションサービス」などを用意する。

 11月中旬から「福岡・天神地下街」で開催されるイルミネーションやクリスマスイベントで、各種サービスを提供し、集客力、回遊性、接客のサービス向上のための実証実験を実施。2016年1月には、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」に商業施設向け同時通訳サービスを導入する。

 2016年1月から順次サービスを開始する予定。このほか、訪日外国人が利用する商業施設や店舗の免税オペレーションを効率化する「免税処理サービス」、「電子決済サービス」なども提供予定だ。


同時通訳利用時のイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加