logo

グーグル「Nexus 6P」レビュー(第2回)--メタルボディの使い勝手とAndroid 6.0の機能 - (page 3)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年10月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なかでも特に魅力的な機能がGoogle Now on Tapだ。分かりにくい名称だが、これは追加のソフトウェアレイヤで、ユーザーはスクリーンに表示された情報をより深く利用することができる。その典型的な使用例は、何か音楽を聴いているとき、具体的な曲名を伝えずに「Who sings this?」(これを歌っているのは誰?)とだけ尋ねるというものだ。

 たとえば、レストランのメニューを見ているときに、ホームボタンを長押ししたとしよう。すると、小さな「カード」がスクリーンの下半分に表示される。カードには複数のボタンがあり、プレス(ショートカット)すると、Google検索、メニューの表示、予約、店への電話、道順の確認、「Google Street View」の閲覧といったことができる。また、音声検索を使ってさらに多くの情報を求めることも可能で、たとえば「Show me her tour dates」(彼女のツアー日程を見せて)のように尋ねることができ、質問を再構成する必要はない。

Google Now on Tapは基本的にAndroid 6.0内のショートカットバーだ。
Google Now on Tapは基本的にAndroid 6.0内のショートカットバーだ。
提供:Josh Miller/CNET

 筆者は初期のテストでさまざまな質問と命令をNow on Tapに浴びせ、多種多様なウェブページからNow on Tapカードを開いてみた。うまく機能するかどうかは、状況によるようだ。たとえば、コンテキスト音声検索は大体うまくいったが、頼んだ楽曲の再生が中断され、リスニング体験が台無しになった。少なくともYouTubeでは、検索結果をスクリーン上に表示させると、どうしても音楽の再生が停止してしまう。

 Now on Tapは、レストランのメニューへのリンクや他のアプリへのアイコンショートカットなど、役に立つ情報を表示してくれることもあれば、必要としている情報を提供してくれないこともあった。Now on Tapが表示したリンクをクリックすると、新しいページに移動することも覚えておいてほしい。いずれにせよ、Now on Tapカードの読み込みには2秒ほどかかり、遅く感じた。

 だが、心配はいらない。通常のGoogle Nowも残っていて、天気、スポーツのスコア、自宅に到着するまでの時間、フライト情報などの情報を能動的に表示してくれる。ホームスクリーンから右にスワイプするか、Now on Tapスクリーンの「G」アイコンを押して起動するようになった。ウェブサイトやアプリから記事や通知を追加することができ、また一段と典型的なニュースフィードに近づいている。

このアプリトレイ内の検索バーはNexusに初めて搭載された。
このアプリトレイ内の検索バーはNexusに初めて搭載された。
提供:Josh Miller/CNET

 Marshmallowで注目に値する機能は他にもある。アプリをダウンロードすると、2つめのホームスクリーン(左にスワイプ)に追加されるようになったのはいいと思う。メインのホームスクリーンが埋め尽くされなくてすむ。また、デフォルトでは有効になっていないが、本体がロックされた状態であっても、常時オンの音声検索でどのスクリーンからでもGoogleを呼び出すことができる。「OK, Google」という音声命令はユーザーの声だけに反応するので、音声モデルを再トレーニングしない限り、他のユーザーがNexus 6Pに音声で命令することはできない。

 Android Payによるモバイル決済も注目すべき機能だ。これは「Google Wallet」システムを作り直したもので、「Apple Pay」や先ごろ一部の国でスタートした「Samsung Pay」と競合する。

 次回に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]