logo

マイクロソフト、さらなる人員削減を実施--複数の事業や国が対象

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月23日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、2015年に入っておよそ8000人の人員を削減したが、さらなるレイオフを実施している。同社関係者が米国時間10月22日に認めた。

 The New York Timesの報道によると、およそ1000人が削減されるという。この人数は、Microsoft全世界従業員の1%未満に相当する。筆者がMicrosoftにコメントを求めたところ、関係者は、何人削減するかについては言及しなかったが、「削減された人員が一部にいる」(同社広報担当者)ことを認めた。

 「人員削減は、複数の事業や国にまたがり、業務ニーズに適応するためのものだ」と同社広報担当者はメールで述べた。

 筆者の情報筋は、Microsoftが「かなり」の数の契約社員を今週削減すると述べており、それには経理や法務の人員も含まれるという。

 Microsoftは7月に発表した7800人のレイオフは、「Windows Phone」事業の人員を主に対象としていた。Microsoft幹部は、これらの人員削減の大部分が2015年末までに完了する予定であると述べている。

 今回の人員削減は、これには含まれていないとThe New York Timesは報じている。これらは追加の実施で、Microsoftの経営引き締め策の一環だという。

 Microsoftは今回の人員削減が報じられた22日、同社第1四半期の決算を発表している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集