オンキヨー&パイオニア、ハイレゾ対応DAPやヘッドホンなど16モデルを発表 - 2/16

加納恵 (編集部)2015年10月15日 13時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オンキヨー&パイオニアイノベーションズ代表取締役社長の宮城謙二氏。「たった11曲の配信からはじめたハイレゾ配信サイト『e-onkyo music』も、今では13万曲以上を提供するようになった」と振り返ったほか、オンキヨー、パイオニア両ブランドが1970年代から手掛けるハイレゾ対応製品開発の歴史を紹介した。

 手にしているのは、オンキヨーのスポーツ用ヘッドホン「IE-S100」。補聴器などを手掛けるシーメンスとの共同開発モデルで、2014年の共同開発発表から「ようやく発表に至った」とした。

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズ代表取締役社長の宮城謙二氏。「たった11曲の配信からはじめたハイレゾ配信サイト『e-onkyo music』も、今では13万曲以上を提供するようになった」と振り返ったほか、オンキヨー、パイオニア両ブランドが1970年代から手掛けるハイレゾ対応製品開発の歴史を紹介した。

 手にしているのは、オンキヨーのスポーツ用ヘッドホン「IE-S100」。補聴器などを手掛けるシーメンスとの共同開発モデルで、2014年の共同開発発表から「ようやく発表に至った」とした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]