logo

MS、同社初のノートPC「Surface Book」を発表--13.5インチ画面搭載の2in1

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月07日 08時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが同社初となるノートPC「Surface Book」を発表した。13.5インチで「Windows 10」を搭載する。

 Microsoftの各種端末を統括するPanos Panay氏は米国時間10月6日、Surface Bookは「究極のノートPC」であると同端末の発表に際して述べた。また、「これまでに製造されたPCの中で最も薄く、最も高性能」でもあると同氏は付け加えた。

 Microsoftはこれまで、独自のノートPCの開発に踏み切ったことはなく、ノートPCの開発については同社「Windows」ソフトウェアを搭載するPCの開発に長年にわたって取り組んできたハードウェアパートナーに依存してきた。この分野に製品を初めて投入するMicrosoftは、高性能部品の搭載と華やかなデザインの採用により、明らかに主力端末となることを狙った製品を開発した。

 Surface Bookの画面は600万画素で、ニューヨークで開かれたイベントにおいてSurface Bookの少し前に発表されたタブレット「Surface Pro 4」と同じ「Gorilla Glass」と「PixelSense」タッチ技術が採用されている。600万画素を誇るディスプレイは、非常に鮮明な画質を約束する。

 ディスプレイはベース部分から取り外せるため、同ノートPCをタブレットに変形することが可能だ。その利点として、Microsoftは、専用スタイラス「Surface Pen」を使ったスケッチ用のクリップボードのように端末を使用できることを挙げている。

 Microsoftは、Surface Book上のキーが静かであることを強調した。キーの下にはバックライトが内蔵されており、キーボードにはガラス製のトラックパッドが搭載されている。

 Surface Bookの内部に搭載されているのは、Intelの第6世代プロセッサとNVIDIAの「GeForce」GPUである。Microsoftによると、Surface Bookはこれまでに製造された中で最速の13インチタブレットであり、その速度はAppleの「MacBook Pro」の2倍であるという。またMicrosoftは、Surface Bookのバッテリ持続時間が最大12時間であるとも述べている。

 Surface Bookは、米国においては1499ドルからの価格で10月26日に発売される予定で、予約受付は7日に開始される。

MicrosoftのSurface Book
MicrosoftのSurface Book
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集